インビザラインとクリアアライナーの違いとは?

自分に合った矯正治療で歯並びをきれいにしたい

インビザラインとクリアアライナーは、マウスピース型の矯正装置です。これまでのワイヤー矯正とはまったく異なった装置が目立たないもので、見た目を気にする方にお勧めの矯正方法といえます。

今回はマウスピース型矯正と従来の矯正との違いをふまえながら、インビザラインとクリアアライナーの違いを紹介していきましょう。

マウスピース矯正と従来のワイヤー矯正との違い

インビザラインやクリアアライナーとの違いを解説する前に、まずはインビザラインやクリアアライナーなど総称であるマウスピース型矯正装置を用いた矯正治療と、歯にワイヤーを付けて行う従来の矯正治療との違いを紹介します。

マウスピース型矯正装置は透明な樹脂製

マウスピース型の矯正装置は透明な樹脂製なので、装着中も目立たちません。また、従来のワイヤー矯正のように金属を使用していないため、金属アレルギーの方でも安心して矯正治療を行うことができます。

加えてとても薄くて軽いため、装着中の違和感も小さいものです。

マウスピース型矯正装置は自分で取り外せる

マウスピース型矯正装置は、ワイヤー矯正のように歯に固定してしまうものではなく、自分で取り外すことができるものです。そのため、装置や歯のお手入れがしやすく、取り外して食事することもできます。

従来のワイヤー矯正では歯磨きがしづらく、矯正中に虫歯や歯周病になるリスクが高かったのですが、マウスピース型矯正装置はそのような心配はありません。

マウスピース矯正は痛みが少ない

ワイヤー矯正では金属がくちびるや頬にあたるため、痛みを感じたり口内炎になったりすることがありました。

しかし、薄くてなめらかな樹脂製のマウスピース型矯正装置なら、お口の中を傷つけることなく安心して使用できます。

インビザラインはどんな矯正装置?

インビザラインとクリアアライナーでは、見た目に大きな違いはありません。しかし、製造方法や適応症などに違いがあり、これらがそれぞれのメリット・デメリットにつながっているのです。

インビザラインで歯型を取るのは最初だけ

インビザラインは、3次元シミュレーションソフトで最も効率的な歯の動きを計算し、それをCADCAM(コンピューターシステムによる設計・製造)でマウスピース上に再現して作成されます。

したがって、治療の途中で歯型を取り直す必要はありません。また、治療中から治療後の完成予想図まで見ることができるため、安心して治療を進めることができます。

インビザラインだと通院回数が少ない

インビザラインによる矯正治療で使用するマウスピースは、最終段階までのものを最初にまとめて作成します。そのため、装置の作成や調整などのために通院する必要はなく、通院回数を抑えることができるのです。

また診療時間も30分程度で済むため、忙しい方にもおすすめできる矯正方法といえます。

インビザラインは自己管理が大切

インビザラインによる矯正治療では、1日のうち装置を20時間以上装着する必要があります。マウスピースは自由に外すことができますが、装着時間が足らなくならないように注意しましょう。

また、マウスピースと歯をしっかり密着させなければ、正しい治療効果が得られません。装着時は手でマウスピースを押しこむだけでなく、チューイーと呼ばれる専用のシリコン製チューブを使ってください。

インビザラインでは適応できない症例もある

インビザラインは奥歯を含む矯正治療にも対応していますが、骨格に問題があるケースや咬み合わせの乱れが大きいケースでは、充分な効果が得られないことがあります。

このような場合には、ワイヤー矯正と組み合わせての治療など、他の治療方法も検討してください。

クリアアライナーはどんな矯正装置?

クリアアライナーはインビザラインと同様に、透明なマウスピース型の矯正装置ですが、製造方法や適応症など異なっている点もあるのです。ここではクリアアライナーの特徴を紹介しながら、インビザラインとの違いをみていきます。

クリアアライナーも自己管理が大切

クリアアライナーでの矯正治療を効果的に行うためには、マウスピースをきちんと装着することが大切です。

ワイヤー矯正のように固定されず、自在に取り外すことができるところがマウスピースを使う矯正治療の大きなメリットですが、装着時間をしっかり守ることが必要となります。

クリアアライナーの場合、1日に17時間以上装着する必要がありますが、これはインビザラインに比べると短いものです。

クリアアライナーは手作りの矯正装置

CADCAMで設計・製造が行われるインビザラインとは違い、クリアアライナーは熟練の歯科技工士がワンステップずつ手作りしています。

そのためクリアアライナーの場合、次のステップで使用するマウスピースは、都度歯型をとって歯並びを確認しながら作成していくことになるのです。

この点が、最初に一括してすべてのマウスピースを作ってしまうインビザラインとは異なっています。また、クリアアライナーでの通院の間隔は1~2ヵ月ごとで、インビザラインより短いスパンとなっています。

クリアアライナーは手軽で効果が大きい矯正方法

クリアアライナーは、前歯だけを動かすような症例に適した矯正方法で、費用はインビザラインの半額程度(症例によりさまざま)となります。

上あごのみもしくは下あごのみの矯正にも対応可能ですが反面、抜歯を伴うような大掛かりなケースや、顎のズレが大きいようなケースは不向きです。

また、ワイヤー矯正が導入されるようなケースでは、クリアアライナーを仕上げの段階で採用することもよくあります。

どちらがいいかは歯科医師と相談して決めましょう

インビザラインとクリアアライナーは、どちらもマウスピース型の矯正方法です。しかし、どちらがいいかは、患者様の症例や通院条件などを総合的に考えて決めることが必要です。

ハッピーデンタルクリニックでは、患者様にとって負担の少ない矯正治療方法として、クリアアライナーをご提案しています。

治療開始前には検査と診断に加えて、丁寧なカウンセリングを行ったうえで、患者様ご自身に「治療を行うかどうか」を決めていただいています。

歯並びが気になる方はぜひ一度、九品仏・奥沢・自由が丘の3駅が利用できる歯医者・ハッピーデンタルクリニックまでご相談ください。